敏感肌用のBBクリームとは?

BBクリームはブレミッシュバルム・クリームの頭文字「BB」をとった呼び名で、Blemish=傷、Balm=香油という意味ですから、「傷や欠点を補う」といったクリーム。今ではそればかりか、化粧下地、ファンデーション、美容液、UVケアが一体化したオールインワンのクリームがそう呼ばれます。
ということで、bbクリームにはもともと肌への負担が少ないというベクトルがあり、しかもメイクにもなるわけですから、敏感肌の人に特に人気の高いアイテムになっています。

 

一般的に、敏感肌は化粧に不向きだとは、よく言われ、肌質が弱いのに、バッチリとメイクをしようものなら、肌が悲鳴を上げてしまう、という不安があります。

 

女性である以上、肌のトラブルが怖いからといって、すっぴんでいることには抵抗感が感じられ、そこへbbクリームは、うまく消費者の懐へはまり込んだ格好です。
それでも、30代40代以降は、肌の乾燥が気になるようになるのが常のことで、シミやくすみが現れるに至って、クリームを変えるなどの改善策が必要になったりもします。

敏感肌専用のBBクリームも発売された

bbクリームとは、敏感肌のためだけにあるものではないので、どんな肌でもOKということは有り得ません。
10代20代と若い内は何とかなっても、年齢が上がるに連れ、それ相応の専用クリームが求められるようになります。

 

そんな声を反映してか、敏感肌用bbクリームは、今や何社からも販売されるまでになっています。
初めの内、従来品と比較して、非常に軽いといった印象を抱く向きは多いようですが、使うほどにしっかりと肌につやが蘇ったなどの体験談は多く、実力で勝負という感じの商品です。

 

敏感肌用bbクリームは、国産と比較して外国製品の方が激安な傾向がありますが、信用度は国産に軍配が上がります。
高いと思っても、自分の肌色に合わなければ交換に応じてくれるなど、安心料も込みと思えば満更でもない気もしてくるものです。

 

また、最近注目なのがディセンシアがリリースした敏感肌用BBクリーム。
ディセンシアというブランドそのものが「敏感肌専用」をうたっているほどですから、その使用感が気になります。
実際にサンプルを使ってみましたが、実によく伸びます。
最初はちょっとつけすぎて白っぽくなってしまったほど。
「えっ、これだけ」というくらいの量でも十分に伸びてくれます。

肌のバリア機能を強化する敏感肌専門のスキンケア基礎化粧品とは?

敏感肌の人に今、注目されているのが敏感肌専門ブランド「ディセンシア」
「○○を足して」とか「○○を奥まで入れて」より先に、「まず基本のバリア機能を強化しよう」というコンセプトで敏感肌の悩みを解決に導きます。
その評価はとても高く、敏感肌部門のさまざまなランキングを総なめにしています。

当サイト内のページでも詳しく解説しています。こちらを⇒クリック!




敏感肌用BBクリーム関連ページ

コスメ
敏感肌のコスメについて。肌荒れを防ぐならばやっぱり専用コスメ?
コンシーラー
敏感肌のコンシーラーの選び方や使い方。
アリー