敏感肌の日焼け対策

日焼け対策は徹底しておかないと、敏感肌の人はすぐに肌荒れを起こしてしまう可能性があります。
また汗などをかいてそのあせもなどを放っておくのも良くありません。
敏感肌の場合、汗そのものが「刺激物」になることもあります。
特に夏場は肌トラブルを起こしやすいでしょうから注意が必要です。

 

日焼け対策の基本として日焼け止めを上手く使い分けることです。
最近ではさまざまな種類の日焼け止めが出ていますからそれらを使い分けながら使用していくのが良いでしょう。
例えばSPFが50以上でPA値も高い日焼け止めを日常用に毎日顔に使っていたら、敏感肌の人では確実に肌があれてしまう危険性が高いです。
敏感肌用の数値が低めのものを顔に使用しながら、帽子やサングラスで顔を隠すようにしたりして工夫することによって日焼け止めを厚塗りする必要もなくなります。
こうして日焼け止めをしっかり塗ることも大切ですが日傘や帽子、服などでしっかり肌を守っていくことも大切です。

敏感肌の日焼けケア

また、万が一日焼けをしてしまった場合は、アフターケアを徹底しましょう。
しっかり日焼け止めを洗い流してクールダウンをしてから十分な保湿対策が必要です。
もしも肌トラブルがあるような場合はすぐに皮膚科に行くようにするなどの迅速な対応も必要です。
敏感肌の人は特にちょっとした刺激でおおごとになってしまうこともあるので、少しでも異常を感じたらなんらかの対策をこうじる必要があります。
あとはビタミンをたっぷりとるなどして日焼けして痛めてしまった肌を内側からもケアするように食事や睡眠などを十分にとって休息しましょう。

肌のバリア機能を強化する敏感肌専門のスキンケア基礎化粧品とは?

敏感肌の人に今、注目されているのが敏感肌専門ブランド「ディセンシア」
「○○を足して」とか「○○を奥まで入れて」より先に、「まず基本のバリア機能を強化しよう」というコンセプトで敏感肌の悩みを解決に導きます。
その評価はとても高く、敏感肌部門のさまざまなランキングを総なめにしています。

当サイト内のページでも詳しく解説しています。こちらを⇒クリック!




敏感肌の日焼け対策関連ページ

アンチエイジングケア
敏感肌のアンチエイジングケアにはどんなやり方が効果的?
季節の変わり目
季節の変わり目はホルモンや体調も変調をきたしがち。敏感肌には要注意の時期です。
敏感肌と肌荒れ
肌荒れは敏感肌にとって避けられない悩みかもしれません。アレルギーにも注意が必要です。
ニキビ
敏感肌だと肌表面が荒れやすくなり、その結果、ケアが行き届かなくなってニキビができることがあります。
アリー